私は兄(深川清・海兵70期・あ号作戦で戦死)の関係で貴会の遺族会員となって今日に至りました。貴会の催しにはあまり参加しておりませんが、参加以来の会報はいずれも興味深く拝見いたしましたし、「海軍戦闘機隊史」は貴重な資料として座右に備えております。
 本年を持って解散の由、永年にわたって運営に携わられた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。皆様のご多幸をお祈り申し上げます。見事なネクタイピンは末長く利用するつもりです
平成14年12月9日 海保英夫(遺族会員)

「今日は大東亜開戦の日!」
「零戦」誌第49号拝受しました。この号で零戦搭乗員会の名称が最後なのかと思うと感慨無量なものがあり、大封筒の裏側は大切に切り取ってアルバムに貼りました(グランタウンビル3Fの文字がある裏側です)。長い間お世話さまになりました。あらためて厚く御礼を申し上げます。
 それから、、新生「零戦の会」のスタートを祝賀し、私共が盛り立てていくことを誓ってやみません。
平成14年12月8日 佐伯正明(特乙1)

 会報最終号と、解散記念のネクタイピンをお送り頂きました。長年にわたり、思い出をいつまでもとどめる記事を楽しく読ませていただき、亡兄・元威(海兵69)を偲ぶことが出来ましたことを喜んでおります。小生も学徒動員の一員で、主計科にご奉公、30分間の飛行でしたが、零戦の胴体に潜り込んで、ダバオ→サランガニに赴任したことも誇りと思っております。今後も皆様のご健勝を祈念します。
平成14年12月3日 金子三郎(遺族会員)

 零戦搭乗員会会報49号有難うございました。又、同封いただきましたネクタイピン、一生の思い出として大事に愛用いたします。今まで大変お世話様になり厚く御礼申し上げます。ご健勝を祈っております。
平成14年12月2日 中村司(予13)

 昨12月1日会報第49号とともに記念のネクタイピンその他資料を拝受いたしました。毎回の御手配洵に有難く厚く御礼申し上げます。
 幸いに、小生の希望に添った方向で「零戦の会」が新たに発足することとなり、ご同慶の至りです。
平成14年12月2日 石黒康次郎(海兵73)


前頁に戻る