大原亮治二飛曹。昭和十八年後半、
ラバウル花吹山をバックに


戻る