昭和十九年十二月、松山基地の戦闘三〇一飛行隊の下士官搭乗員たち。左から
久保、浅間、笠井、酒井、桐山、石川の6人で、笠井上飛曹を除く全員が、その後
半年以内に戦死あるいは殉職した


戻る