「い」号作戦中の昭和十八年四月十四日、ニューギニアの東端、ミルン湾攻撃に出撃のため
整列する直前の「瑞鳳」戦闘機隊。右から河原飛曹長、大友上飛、川端一飛曹、日高大尉、
長田一飛曹、岩井飛曹長(横向き)、村岡二飛曹、佐藤飛長、山本飛曹長、大野一飛曹(サングラス姿)、
森田一飛曹、松井飛長。手前のシルエットの人物は、右が連合艦隊司令長官・山本五十六大将、左は
南東方面艦隊司令長官・草鹿任一中将


戻る