零戦搭乗員会篇

第一章 海軍戦闘機隊の栄光と苦闘

第一節 草創時代及び錬成時代
第二節 航空躍進時代と上海事変、支那事変での活躍
第三節 太平洋戦争緒戦における栄光
第四節 米軍の反攻と制空権の推移
第五節 制空権なき戦い


第二章 海軍戦闘機隊の栄光と苦闘

第一節 飛行機の開発の概要
第二節 試作機開発計画及び試作の手順
第三節 戦闘機の開発、生産と工業力
第四節 戦闘機開発技術の水準
第五節 各種戦闘機
第六節 搭載兵器


第三章 編成等

第一節 航空部隊の編成
第二節 諸制度制定と改正
第三節 航空戦隊
第四節 航空艦隊
第五節 航空部隊の変容


第四章 戦力の蓄積

第一節 教育制度
第二節 戦技
第三節 戦訓
第四節 性能に関する論争


第五章 戦闘の実態

第一節 戦闘機隊の任務、用法
第二節 ソロモンの苦戦
第三節 特別攻撃
第四節 戦闘詳報など
第五節 他機種飛行隊との関係


第六章 米軍の零戦対策

第一節 零戦を無視していた開戦前の米軍
第二節 F4Fは格闘戦では零戦にかなわない
第三節 サッチ戦法
第四節 米海軍戦闘機の射撃術
第五節 米軍、零戦の性能を徹底的に解明


第七章 余話

余話 一〜二十六



前頁に戻る